勤怠@Web POWERD BY CAREERVISION

キャリアビジョンスタッフのまいにち快適ライフ

業種別クラウド型勤怠管理システム「勤怠@Web」を開発・管理するキャリアビジョンのブログ

2020年東京五輪に係る祝日と時間

こんにちは、花子です。

今日は朝礼で話題になった内容をご紹介します。

内容は「2020年東京五輪に係る祝日と時間」です。

既にニュースでも取り上げられていますが、
2020年東京五輪前後に祝日を移動する改正法が成立しました。

これにより、開会式・閉会式の前後が連休となります。
具体的に、
 開会式の当日、2020年7月24日(金)と前日23日が祝日になり4連休
 閉会式である2020年8月9日(日)の翌日10日が祝日になり3連休 です。

 

7月は他の年に比べ1日祝日が多くなります。
カレンダーを確認したら、7月4週目の平日は3日しかなくて
まるでG.Wのようなカレンダーですね。

日本の祝日を新しく作る時は、
結構時間をかけて準備されているように感じたので
移動となるとこんなに早く決まるのかと、少し意外でした。

 

そしてその移動の元になる祝日は

 

海の日(通常は7月の第3月曜日)
山の日(通常は8月11日)
体育の日(通常は10月の第2月曜日)

 

10月は祝日がゼロになります。
平日が勤務日という方は長い1か月になりそうですね。

 

また、この東京五輪に際して政府から
・首都圏の企業に対して、輸送の混雑緩和のため、
 通常のお盆休みを五輪開催中(7/24~8/9)に振り替えるよう要請
・サマータイムとして2時間繰り上げ(2年間限定)の提案 も、出てきました。

 

お盆は、旧暦・新暦の兼ね合いがあり
7月では早すぎるし、旧暦では遅すぎるしで今の日どりになったようなので
親戚が多い家や、お盆行事をしっかり行っているお家は
大変そうな予感がします。

 

また、サマータイムについては、
様々なITシステムで動いている国なので、2年限定・2時間という変更で
システムのリスクが生まれないのかも気になりました。

キャリアビジョンの「勤怠@Web」も働く時間を管理するシステムなので、
今後の状況を見守りたいと思います。

 

本日は以上です。