勤怠@Web POWERD BY CAREERVISION

キャリアビジョンスタッフのまいにち快適ライフ

業種別クラウド型勤怠管理システム「勤怠@Web」を開発・管理するキャリアビジョンのブログ

年次有給休暇と所定労働日数

 

こんにちは、労働基準法勉強中の勤です。

今日は「年次有給休暇」についてです。

 

年次有給休暇とは
労働者が労働の義務がない日(休日)以外に、
ある程度まとまった日数 労働から解放し、これを有給とすることで
身体・精神的な休養がとれるよう法律で定められた権利です。

 

<有休休暇が発生する条件>
・入社の日から起算して、6か月間継続勤務している
・算定期間の全労働日の8割以上出勤している

 

パートタイム労働者も一定条件を満たせば有休休暇が発生します。

ここまでは以前にもご紹介しました。

 

今日は、具体的にいつ、何日発生するのかを、掘り下げてみたいと思います。

 

有給休暇は基準日(年次有給休暇の付与日)に発生します。
基準日は、労働基準法第39条にある通り
「入社から6か月後」というところもあれば
会社によっては管理の都合上
「入社から6か月後にあたる月の1日」というところもあります。
これは、入社時の契約書に書いてあると思います。

 

次に、何日発生するのかは
基準日時点で定めらている「所定労働日数」によって決まります。
「所定労働日数」とは、週で必要な働く日数のことです。

 

例えば、出勤日が月曜から金曜まで、
所定労働日が週5日以上、
または1年間の所定労働日数が217日以上の労働者には
「労働基準法第39条」に記されている通りの内容が適用されて
入社の日から6か月後に10日、
更に1年同様の要件を満たせば11日が付与されます。
(社員とパートでの違いはありません)

 

一方で、
週所定労働時間が30時間未満で、かつ週所定労働日数が4日以下、
または1年間の所定労働日数が
48日~216日までの間にあたる人は、
週所定労働日数が1日・2日・3日・4日の場合のいずれかで算出されています。

 

ちなみに、
週によって働く日にちがばらばら…という場合には、
年間や過去6か月間の勤務実績を平均してみて、
週何日勤務程度なのかを見ることが妥当なようです。

本日は以上です。

 

<参考>厚生労働省 リーフレットシリーズ労基法39条
 https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/dl/140811-3.pdf