勤怠@Web POWERD BY CAREERVISION

キャリアビジョンスタッフのまいにち快適ライフ

業種別クラウド型勤怠管理システム「勤怠@Web」を開発・管理するキャリアビジョンのブログ

有休の取得義務化と、代休の保有②

こんにちは、勤です。

前回に続き、2019年4月1日から始まる
「年5日の年次有給休暇の確実な取得」の義務化について、
私の周りで聞いた話をご紹介します。
(前回の記事はこちらです)

年10日以上の有休が付与される労働者に対して、
付与された日数のうち、年5日の取得が必須となりました。
しかし、
「未消化の代休が貯まりすぎていて、有休が消化できない」
このような場合にどうしたら良いかを、労基部で調べてみました。

まず「代休」は「休日に出勤した後に休みを取ること」です。
代休で休みを取る意味合いは、健康確保上の観点で、
代休も振休同様に近々で取ることが、望ましい(※)とされているそうです。
※労基上の定めはありません

今回は、未消化の代休が多数ある状況なので…
代休と有休、どちらの優先順位が高いかで考えたいと思います。

4月1日以降、有休が取得できなかった場合は
会社に罰則がつくようになりました。
罰則が下るということは、会社にとって大変な事です。
一方で代休は、労基上の定めがなく罰則も現状ありません。

その点で考えると、消化する優先順位は有休が先となります。

今回、有休と代休の消化について労基署へも意見を伺いました。

代休は、労基上定めはなくとも、労使間で協定を定めている場合、
それに則って使用、精算されています。
現状、代休の取得期限を設けていない会社は、
有休の取得を促進するためにも、
この機会に会社規定を見直す場合もあるようです。

期限が設けられていない場合は、労働者個人として、
「代休を放棄する」という選択肢があります。

代休は「代休日」が無給(※1)の場合、休日労働に対して
割増で給与支払いがされる(※2)と思いますので、
この機に代休を放棄、リセットして、有休を使用するという手段です。
(各会社ごとの規定や給与計上があると思いますので、
実行前に自社の人事労務様へ相談しましょう)

※1:代休日が無給の場合、
その休日が法定休日なら時間に対して135%、法定外休日なら125%
※2:代休日が有休の場合は、
135%-100%=35%(125%-100%=25%)の
割増賃金がその都度支払われる

以上が有休の取得義務化と、代休の保有について調べた結果です。

本日は以上です。