勤怠@Web POWERD BY CAREERVISION

キャリアビジョンスタッフのまいにち快適ライフ

業種別クラウド型勤怠管理システム「勤怠@Web」を開発・管理するキャリアビジョンのブログ

大人の夏休み、休日・休暇・休業?

こんにちは、勤です。

夏になると、学生さん方が夏休みに入るせいか
最近は通勤電車が空いています。

学生の夏休みは1ヶ月、2ヶ月…
今では滅多にない長い休みでした。
大人になって貴重さをかみしめています。

学生ほどの夏休みは難しいですが
夏の間にまとまった休みを取る会社も多いですよね。
そういった会社は、採用募集や会社カレンダーに
「夏季休暇」と書いてあることが多いのではないでしょうか。

今日はこの「休暇」から
休日、休暇、休業の3つの違いをご紹介します。
——————————
・休日
 もともと労働者の労働する義務のない日

・休暇
 労働者に労働する義務がある日に、会社がその労働義務を免除する日

・休業
 労働者に労働する義務がある日に、会社がその労働義務を免除する日
 休暇と休業の違いは、業を休むという字のごとく、
 休暇より長期にわたるものを指すようですが、法律上の規定はありません
——————————

夏季休暇ならば、労働する義務のある日に、
会社がその義務を免除するという意味ですね。

ちなみに、元々は「労働する義務のある日」になるので、
「休日」には数えません。

例えば、
①会社の休日 119日、②夏季休暇2日、③冬季休暇1日 ならば
①労働する義務のない日=119日、
②③労働する義務を免除される日=3日 となるそうです。

また、元々は「労働する義務のある日」ですから
会社によっては、有休休暇の使用の推奨日にしている所や、
計画的年休導入として、
有給休暇を必ずその日に○日使用してくださいとしている所もあります。
計画的年休を導入している場合は、
就業規則や採用時の募集内容に記載があることが多いそうです。

一言に休みといっても、色々な休みがありますね。

8月も間もなく半ば、日々暑い日が続いています。
皆様、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

本日は以上です。